銀行系カードローンの利用方法

銀行系カードローンは信販系・消費者金融系と比較して金利が低いというメリットがあります。また、総量規制の対象外になるため、年収の3分の1を超える借入が可能であり、大口の借入にも適しています。しかし、申し込みの際の審査も厳しくなるという特徴があります。

 

審査が厳しいと言っても、サラリーマンのように十分に安定した収入があれば落ちることは少ないです。主婦であっても、パートなどで安定した収入があったり、夫の収入が十分であれば通りやすいです。

 

銀行系カードローンは大口の借入が可能ですが、それにはまず審査に通らなければなりません。何も実績のない状態で高い限度額を設定して申し込みを行った場合、審査に落ちる確率が高くなります。

 

落ちてしまった場合、再審査に通るようにするには半年から1年間は間を空けなければなりません。そのため、申し込みを行う際には限度額を低く設定しておき、その後利用実績を作って限度額を引き上げる方が安全です。

 

限度額を引き上げる場合、通常であれば半年以上の実績を作り、10万円ずつなど段階的に上げていく必要があります。ただし、他社からの借り換えを行うためにカードを作った場合、借り換えが目的であり、他社の借入を完済していることを説明すれば短期間で大幅に引き上げられることもあります。